正しい英語の勉強方法 3ヶ月でリスニング

あなたがネイティブの英語を聞き取れないのは英語脳を作れてないから

更新日:

こんにちは、@チョモランマ加藤です。

突然ですがあなたは今までに

  • ネイティブの英語が早すぎて聞き取れない
  • そもそも聞き取れない原因がわからない
  • 英語脳の作り方について知りたい

なんて思ったことはありますか?

僕も最初はネイティブの英語どころか、英語自体が聞き取れませんでした。

しかし、なぜ聞き取れないのかを分析し、どのようにすればいいのかを考えました。

その結果、英語脳というものにたどり着き、英語脳を作ることを意識しました

すると、リスニング力がめちゃくちゃ低い状態から3ヶ月でネイティブと会話ができるくらいまで上達しました。

なのであなたがネイティブの英語を聞き取れない理由と、僕がどのようにして英語脳を作ったのかを公開していきたいと思います。

ネイティブの英語を聞き取れない理由

あなたがネイティブの英語を聞き取れない理由、それはあなたの脳が英語脳ではないからです。

"さっきから英語脳ってなんなんだよ" って方もいると思います。

なのでまずは英語脳が何かを説明していきたいと思います。

もし英語脳をもう知っていて作り方を知りたかったら、このページの下に書いてあるので読んで見てください。

英語脳とは

英語脳とは、英語を日本語に訳さず、英語を英語で理解できる能力のことを言います。

例えば、"Fish" という英単語を見たときに、"魚という日本語" を思い浮かぶのではなく、"魚のイメージ" を思い浮かべることです。

もっと簡単にいうと

"Fish" → "魚という日本語" → "魚のイメージ" (これでは日本語に訳してしまっている)

"Fish" → "魚のイメージ" (英語脳)

という感じです。

このように、英単語を見たときや英語を聞いたときにいちいち日本語に訳さず、その英語を英語のまま理解することができることを英語脳と言います。

英語脳ならネイティブの早口も理解できる

おそらくあなたがネイティブの英語が聞き取れないのは、ネイティブが早口だからだと思います。

ネイティブの英語はとにかく早いです。

この早さに対応するためには英語脳になることが重要です。

もしいちいち話された内容を日本語に訳そうとしたら、訳してる間にどんどん次の話に移っていってしまいます。

そうなれば会話どころではありません。

だからこそこの英語脳が重要なのです。

といってもそんなに難しいものではないので心配しないでください。

僕も英語なんてできませんでしたが、それでもできるようになりました。

また、この英語脳になれば速読もできるようになります。

すでに英語脳なのに理解できなかったら発音が問題

皆さんの中ではもう英語脳になってる人もいるかもしれません。

しかし、それでもネイティブの英語がわからないという人は発音が原因です。

自分が発音できなかったり分からない音を聞き取るのは難しいです。

なのでもし英語脳なのに聞き取れないという人は発音の記事も書いたので読んで見てください!

誰でもできる英語脳の作り方

ではどのようにして英語脳を作っていけば良いのでしょうか?

ここでは僕が実践して効果があった方法を紹介していきたいと思います。

簡単な英文からシチュエーションを想像する

まず僕は日本語に訳すことを完全にやめました

その代わりに簡単な英文を読み、そのシチュエーションを想像しました。

例えば、"I'm tired" という文があったとしましょう。

そしたら、自分が仕事の後にクタクタになっているところを想像するように意識しました。

他にも、"I'm working" では仕事をしているとこ、"I talk with Ariana Grande" ではアリアナグランデと話しているとこを想像したりしました。

もちろん最初はどうしても日本語に訳してしまいます。

しかし、ゆっくりでいいのでそのシチュエーションを想像することを意識しましょう。

すると日本語に訳さずに英語で理解できるようになってきます。

慣れてきたら音読しながら想像する

ある程度できるようになったら、今度は英語で音読しながらシチュエーションを想像しました。

音読をしながら想像することによって、より英語を英語で理解できるスピードが早まります。

最初はゆっくり音読しても大丈夫ですが、慣れてきたら少し早めに音読することでさらに効果がでます。

しかも、音読は同時にスピーキングの練習にもなるので、実際に会話をするときにも言いたいことが英語でスラスラ出てくるようになります。

この音読を早くやり、それと同時に英語で理解できてればもう英語脳にはなっています。

なので英語脳にもなれ、スピーキングの練習にもなる音読はかなりオススメです。

英語の映画でさらに上達させる

最後に音読で作り上げた英語脳を、映画を英語で見ることによってさらに上達させました。

これをやることでネイティブの早い英語にも対応することが可能になります。

なお、ただ単に英語で映画を見るだけで思うような上達は見込めません。

なので下の記事にどのようにして映画を英語で見て、理解力を深めたのかを書いたので読んで見てください。

関連記事:

英語脳を作るためのおすすめ教材

ここからは、英語脳を作るためのおすすめ教材を紹介したいと思います。

オンライン英会話で実践的に話す

最も効率よく英語脳を作る方法はとにかく英語を話すことです。

やっぱり、英語を話せば話すほど脳が英語に慣れていき、そのうちに日本語よりも先に英語が出てくる状態になります。

この状態になれば英語で夢を見るようになったり、考え事も英語でできるようになります。

これこそが求めている英語脳です。

そして、効率よく英語脳を手にするためには、オンライン英会話で話しまくることが近道です。

その中でも、僕が実際に利用していたDMM英会話をおすすめします!

講師の方がとてもフレンドリーで、自分の顔も覚えてくれたりしてくれました。

なので毎日英会話が楽しくなり、始めてからたった3ヶ月で英語が話せるようになりました!

もし最短で効率よく英語脳を手にしたいのなら、オンライン英会話で話しまくることをおすすめします。

公式ページ:DMM英会話 まずは無料体験!

いきなり実践が怖かったらスタディサプリがおすすめ

オンライン英会話は確かに効果はありますが、いきなり外国人と英語で話すのは怖いという人もたくさんいると思います。

なので、そのような方はリクルートが運営しているスタディサプリ ENGLISHをおすすめします。

このサービスのいいところは、いつでもどこでもスマホで気軽にでき、これ1つだけで英会話に必要なものがたくさん詰まっているという点です。

なので不必要にたくさん教材を買う必要がなく、効率よく英語脳に必要なものが得られます。

もちろん実際にオンライン英会話で話すことで実践的な英語が身につきますが、徐々にステップアップすることで挫折がしにくいと思います。

なので、まずはスタディサプリ ENGLISHである程度英語に慣れてからオンライン英会話で実践的に話すと英語脳が作りやすいと思います。

英会話に必要なものはこれ1個で学習できるため強くオススメします。

今なら1週間の無料体験ができるため、ぜひ使ってみて効果を実感してみてください!

公式サイト:スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

まとめ:英会話において英語脳は超重要

もしあなたがネイティブの英語が早すぎて聞き取れないのであれば、それは英語脳ではないからかもしれません。

英語脳になれば英語を英語で理解できるようになるため、ネイティブの早口も聞き取れ、さらには速読もできるようになります。

もしすでに英語脳なのに聞き取れなかったら、発音についても学んでみましょう。

また、英語脳を作るためには、少しずつでいいから英文を見たときにそのシチュエーションを想像できることが重要です。

僕の場合は "I'm tired" などの短い文から始めました。

そして徐々に音読しながら英語で理解していったら、いつの間にか英語脳になっていました。

そんなに難しいことではありません

英語ができなかった僕でさえできたので、必ずあなたでもできるようになります

スポンサーリンク

3ヶ月で英語を話せるようになった僕のおすすめ教材

スタディサプリ ENGLISHでインプット

通常

英語を効率よく習得するにはスタディサプリ ENGLISHがおすすめ!

怪しい英語の教材はたくさんありますが、リクルートが運営しているので安心です!

これ1つだけで英会話に必要なものがそろっているので、余計な出費をせずにとても効率よくインプットすることができます!

しかもアプリでもできるので、めんどくさかったら寝る前に少しだけやるなんてこともできます。

DMM英会話でアウトプット

英会話

僕の勉強法でもっとも効果があったのはDMM英会話!

英語を話せるようになるには実践で話さなければなりません。

DMM英会話なら格安で話せて効果がとてもあります。

講師の方はとてもフレンドリーで、友達と話すのと同じ感じです!

今なら2回無料体験ができるなので、始めて1歩踏み出そう!

-正しい英語の勉強方法, 3ヶ月でリスニング

Copyright© 留学なし、たった3ヶ月の独学で英語を話せるようになった勉強方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.