正しい英語の勉強方法

本当は教えたくない!僕が3ヶ月で英語ができるようになった勉強法を大暴露!

更新日:

こんにちは、@チョモランマ加藤です!

僕はこのブログでどうやったら英語を最短で話せるようになるかを書いています。

多くの日本人の場合、英文法は中高でやっているのでほとんどの人が3ヶ月で日常会話程度の英語なら可能だと思っています。

僕自身、中高レベルの文法は知っていて、英会話力0の状態から3ヶ月で日常会話程度の英語が話せるようになりました。(詳しくは僕がたった3ヶ月の独学で英語ネイティブと英会話ができるまでの過程 を参照)

しかし、間違った勉強法でやっていたらいつまで経っても英会話はできるようにはなりません。

そして、多くの日本人が正しい勉強法ではなく、間違ったやり方で勉強しているのです。

なので具体的に始める前に、どのように勉強すればいいのかを説明したいと思います!

英会話に必要なものを知ろう!

英語を最短で話せるようになりたいのなら、勉強すべきポイントを絞る必要があります。

英語を含め、言語を学ぶには主にスピーキング、リスニング、ライティング、リーディングの4つのパートがあります。

この中で英会話に必要なものは

  • スピーキング
  • リスニング

の二つだけです。

つまり、この二つができれば英語を話すことができるのです。

厳密に言えば、英語を理解するという意味でリーディングとライティングもいつかは必要ですが、受験のように速読ができる必要があったり、英語で作文を正確にかけるようになる必要はありません。

皆さんも子供の頃は難しい文字の読み書きはできませんでしたよね?

それと同じです。

強いていうなら、簡単なリーディングはできる必要がありますが、中高で英語を勉強したあなたならもうできていることでしょう。

もし英語をビジネスレベルやアカデミックレベルでできるようになりたいなら、いずれはこの四つ全てが必要になります。

しかし、最初からリーディングやライティングばかりやってもいつまでたっても話せるようにはなりません。

僕もスピーキングとリスニングがある程度できるようになってからこの2つをやり始めました。

結局は英語が話せるようになるにはスピーキングとリスニングが必要なのです。

本人はこのスピーキングとリスニングの勉強をほとんどしていないので、いつまでたっても話せるようにならないのです。

まして、文法や単語を暗記ばかりしていたら、上達を実感せずに挫折してしまいます。

難しい文法は後回し。大事なのはとにかく聞く話す

よほど文法のことを何も知らない限り、文法を勉強するのは後回しにするべきです。

なぜかというと、難しい文法は最初のうちはなくても問題ないからです。

例えば、関係代名詞や関係副詞などはなくてもとりあえずなんとかなります。

というより簡単なことを聞いたり話していくうちに、だんだんと理解できるようになります。

そして、その簡単なことを話したり、聞いて理解できるようになってくると、文法なんてものはいかに簡単だってことがわかります。

ちなみにここでいう簡単なこととは

  • 主語( I , You , He , She, Weなど)
  • 5W1H( What (何) , Why (なぜ) , When (いつ) , Where (どこ) , Who (だれ) , How (どう) )
  • There ( 何々がある)
  • 英語の基本文型( 主語、述語、目的語の並べ方 )

などの中学レベルの英文法が理解できればとりあえず十分です。

あとは言いたいことがあったら調べながら口に出すだけです。

例えば、" 俺は寿司が好き " と言いたいとしましょう。

そしたら好きという単語がわからなかった調べればいいだけです。

そうすれば I like sushi という文が作れますね!

このように難しい文法は後回しで十分です。

話す聞くにしても具体的に何をすればいいかわからないという方、下の記事を読んでみてください。

英会話は勉強というよりスポーツみたいなもの

英会話は勉強というよりもスポーツみたいなものです。

机に座って問題を解いていくよりも、下手くそな英語でも誰かと話したり独り言行ったりしていた方が確実に伸びます!

サッカーで例えて見ましょう。

もしもサッカーが上手くなりたかったら、下手くそでもまずボールに触らなければ上手くなりませんよね?

教科書ばっか読んでいてもいつまで経っても上手くなりません。

英会話もそれと全く同じなのです!

いつまでも机に座って勉強していても一向に上手くはなりません。

むしろ家の外に出て I like sushi などと口に出していくのべきなどです。

なので英会話は勉強というよりも練習なのです!

少しずつでもいいからこのように口に出していくことがとても大事です。

  簡単なことから始める

これはどんなことでも言えるのですが、いきなり難しいことをやろうとしても上手くいきません。

英会話でいう難しいこととは例えば、

  • いきなり英語で映画を見て理解しようとする
  • 最初から難しいフレーズを話そうとする
  • 関係代名詞などを使って最初から具体的に説明しようとする

これらのことを最初からやろうとしても絶対に上手くいきません。

むしろ難しすぎると思い込んで挫折してしまうかもしれません。

とにかく簡単なことから始めるべきなのです。

そうすると英会話がめちゃくちゃ楽しいという状況になってきます。

すると自分でも知らないうちに上達していっているのです。

ここでいう簡単なこととは

  • 簡単な単語一つや文でもいいから口に出す
  • いきなり映画ではなく、ゆっくりしゃべっている練習用の物を聞く

などです。

毎日最低30分でも継続しよう!

さっきも話した通り、英会話はスポーツみたいなものです。

大事なのは毎日少しでもいいから継続することです。

極端な話、週一で8時間いっぺんにやるよりも、毎日最低30分ずつやっていったほうが確実に伸びます。

スポーツも毎日やったほうが体が覚えてきますよね?

英語も同じで口や耳が覚えてきます!

そして、最初は30分づつだとしても、やっていくうちに楽しくなってきて英語に触れる時間が日に日に増えていきます。

僕の場合は一日最低でも1時間は英語に触れていました。

というのも英会話がめちゃくちゃ楽しかったからです。

3ヶ月目に至っては日常会話も結構できるようになっていたため、苦しみなど一切感じていました。

どの教材がおすすめか

世の中にはたくさんの英語の教材がありますが、その中でも僕はスタディサプリ ENGLISHをおすすめします。

この教材はリクルートが運営しているので信用できますね。

このサービスのいいところは、いつでもどこでもスマホで気軽にでき、これ1つだけで英会話に必要なものがたくさん詰まっているという点です。

なので、いろんな本をたくさん買う必要がなく余計な出費をしなくて済みます。

しかもスマホでもできるので、めんどくさかったら寝っ転がりながら寝る前に少しだけやるなんてこともできます。

しかもきちんとした講師のレッスン動画で学ぶため、英語を全く覚えていない人でも大丈夫です。

英会話に必要なものはこれ1個で学習できるため強くオススメします。

今なら1週間の無料体験ができるため、ぜひ使ってみて効果を実感してみてください!

公式ページ:スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

知っとくべき勉強法はこれだけ

英会話に必要な勉強法はたったこれだけなのです!

これがいかに中学高校でやってきた英語と違うかはわかると思います。

中学高校では文法的なことばかりをやってきましたよね?

それでは何年経っても話せるようになるはずがありません。

それはこのブログに訪れてくれた皆さんが一番よく知っていると思います。

僕がやった勉強法はその逆で、とにかく話してとにかく聞くことです。

簡単なことから話していけば、どんどん派生して話せるようになってきますし、簡単なことから聞いていけば、耳がどんどん英語に慣れてきます。

この方法は英語だけでなく全ての言語の学び方の基礎です。

あなたがフランス語を学びたくても同じようにやれば話せるようになるでしょう。

では具体的にはスピーキングやリスニングはどのように練習したら良いでしょうか?

その下の記事に僕がやったことを全て書いておきました!

スポンサーリンク

3ヶ月で英語を話せるようになった僕のおすすめ教材

スタディサプリ ENGLISHでインプット

通常

英語を効率よく習得するにはスタディサプリ ENGLISHがおすすめ!

怪しい英語の教材はたくさんありますが、リクルートが運営しているので安心です!

これ1つだけで英会話に必要なものがそろっているので、余計な出費をせずにとても効率よくインプットすることができます!

しかもアプリでもできるので、めんどくさかったら寝る前に少しだけやるなんてこともできます。

DMM英会話でアウトプット

英会話

僕の勉強法でもっとも効果があったのはDMM英会話!

英語を話せるようになるには実践で話さなければなりません。

DMM英会話なら格安で話せて効果がとてもあります。

講師の方はとてもフレンドリーで、友達と話すのと同じ感じです!

今なら2回無料体験ができるなので、始めて1歩踏み出そう!

-正しい英語の勉強方法

Copyright© 留学なし、たった3ヶ月の独学で英語を話せるようになった勉強方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.